3つの基礎知識

チェーンシステムとの比較

フランチャイズチェーン以外にも同一のマークやイメージ、品揃えで営業するチェーンシステムがあり、次のようなものがあります。

1.レギュラーチェーン(直営店で構成されるチェーン)

一般的にはチェーンストアと呼ばれるものです。ひとつの本部企業が、店舗を建設し、従業員を雇用し営業する経営手法です。店舗の責任者は本部が任命します。大手百貨店、スーパーマーケットなどがこの代表です。

2.ボランタリーチェーン[voluntarily chain]?

各地にある小売店が主に商品の共同仕入を目的として、結成した協同組織です。各小売店がボランタリーチェーンに加盟し、まとまって大量の商品を仕入れることで、個々の小売店では不可能であったメーカーとの取引や、価格交渉が可能となります。各小売店の独自性が尊重され(看板など、それぞれが独自の屋号・商号で営業します),組織は小売店の意思決定の下に運営されます。業種は主に小売業で、地域密着型の食品スーパー(ミニスーパー)、眼鏡店、文房具店、寝具店など多岐にわたります。また、小売店の他に卸売業者が主宰するボランタリーチェーンもあります。

3.代理店

事業者が本部との契約で、本部の供給する商品を独占的に販売する形態をいいます。具体的には一定地域をテリトリーとして定め、その範囲で独占的に販売する権利を与えられます。同一のマーク、イメージで営業を行なうものもありますが、本部から店舗運営や販売についての指示は少なく、継続的な指導もほとんどない場合が多く、業種もさまざまです。

<<フランチャイズとは?

メリットとデメリット>>