情報収集

本部の選び方

1.どのような本部があるのかを知る

<新聞・雑誌、刊行物の利用>

フランチャイズビジネスに関連する新聞や雑誌を開くと、フランチャイジー募集・加盟店募集の広告が掲載されています。日経流通新聞では月に数回、広告特集を組んでおりますし、読売新聞等、一般紙でも特集があります。雑誌では、情報誌『FRANJA』(フランジャ)には、フランチャイズビジネスを学ぶ上で有用な情報が多く掲載されております。さらに、出版社の商業界が発行している『日本のフランチャイズチェーン○○○○年版』には会員外のフランチャイザーも掲載されております。

<ショー・フェアの利用>

東京・大阪などの主要都市では、フランチャイズビジネスの本部を会場に集め、加盟希望者との商談の場を提供するショーやフェアといったイベントも定期的に開催されております。(リンク集をご覧下さい)これらの媒体を利用したり、イベントに出かけるのもひとつの方法です。なかでも(社)日本フランチャイズチェーン協会の特別協力で日本経済新聞社の主催で年に1回開催される「フランチャイズ・ショー&ビジネス・エキスポ」には、例年100社以上のフランチャイザーが一堂に集まる、フランチャイズビジネスのビジネスショーとしては、日本国内で最も規模の大きいものです。

<インターネットで調べる>

経済産業省の委託を受け、(社)日本フランチャイズチェーン協会が運営する、ホームページ「ザ・フランチャイズ」(フランチャイザー(チェーン本部)に関するデータベース)では、当協会の会員外のフランチャイザーについても検索が可能です。また、Yahoo!などの検索サイトでは、検索画面で「フランチャイズ」のキーワードで検索すると、300件以上の検索結果を得られます。ただし、検索結果に含まれるフランチャイザーは、(社)日本フランチャイズチェーン協会の正会員ではない企業や、フランチャイズと称して、実体のない企業も含まれている可能性がありますので、企業の所在確認など、基本的な項目などから、掲載内容を十分検討する必要がございます。このようにして自分に合ったフランチャイザー候補を選択し、フランチャイザーに資料請求を行ないます。パンフレットは多くは無料ですが、有料の場合もあります。これは加盟希望者の真剣さを図る意図が含まれているようです。

< フランチャイザー主催の説明会への参加>

フランチャイザーの一部では、本部主催の「加盟説明会」を実施しております。加盟希望者にとっては、本部の詳しい説明を聞くことができる、良い機会です。実際にはフランチャイザーの本部の会議室やその他会場に加盟希望者を集め、そのフランチャイザーの事業内容、経営理念、募集条件などを説明します。また外部の講師やフランチャイジーの講演も説明会の中で取り上げられることもあります。本部の担当者とも相談でき、フランチャイズ本部の経営者や幹部の説明を直接聞くことができる場合もあります。加盟説明会以外にも、相談会、「外食業FC研究セミナー」、などと呼ばれ、名称はさまざまです。このような方法で、自分にあったフランチャイザー候補を絞り込んでいきます。

2.本部選択の基準

<(社)日本フランチャイズチェーン協会の正会員から選ぶ>

(社)日本フランチャイズチェーン協会の正会員は協会の「倫理綱領」に賛同するフランチャイザーで所定の資格を満たしていることを条件に入会しております。フランチャイザーのなかには、加盟契約を執拗に促し、契約後加盟金を徴収した後には、経営指導などを十分に行なわない場合や、甚だしい場合は、加盟金を振り込ませた後に本部と連絡がとれなくなるような詐欺まがいの、フランチャイザーとは呼ぶことのできない企業もあります。(社)日本フランチャイズチェーン協会の正会員は入会資格を満たしたフランチャイザーとして資格を満たしている企業であり、このような欺瞞的な本部は会員ではありません。しかし、(社)日本フランチャイズチェーン協会の正会員であっても、フランチャイジーの成功を保証するものではございません。フランチャイジーの経営者としての営業努力があって、初めて成功に近づくのです。また、協会正会員会員外の企業にも、堅実なフランチャイザーがあります。

<<業者の選択

本部を調べる>>