予備知識

加盟店で成功するためには

フランチャイズビジネスは、本部の「フランチャイズパッケージ」を利用しますので、自営で開業する場合と比較して、成功する確率の高い商売です。しかし、フランチャイズビジネスの場合でもビジネスの成功には加盟店の営業努力が不可欠です。また、本部から提供された「フランチャイズパッケージ」を忠実に実行することも重要です。さらに、お客様の立場に立ち、真剣にビジネスに取り組む意思も必要不可欠です。フランチャイザーは開店までをサポートし、開店後もさまざまな援助がありますが、基本的にはオーナー自身が経営にあたらなければなりません。また、契約に基づき、フランチャイザーからスーパーバイザー(店舗を巡回し指導する本部職員)が定期的に経営面の指導にあたりますが、毎日ではありません。巡回頻度の多いチェーンでも週2回くらいですし、月1回、年に数回程度の場合もあります。

つまり、開業後は加盟者が、経営者として陣頭指揮をとれるかが重要なのです。経営者として求められる姿勢はフランチャイズビジネスでも自営であっても同じなのです。

<<法定開示画面について